ホームページ
診断サービス

自社のWebサイトが今どのような状態なのか
「なにか不備な点があるのでは」「もっと有効に活用できないか」、
セカンドオピニオンとして制作会社の視点から診断いたします。

今なら毎月先着2社様に、
無料にて実施中!

お気軽にお申し込みください。

診断サービスの特長

アドミレーションセンターは90年代のインターネット黎明期から、多数のWebサイトに携わってきていました。その時代の流行り廃り、ブラウザの対応や技術進化など、どのようにWebサイトが進化してきたのかを把握しています。ご依頼いただいたホームページが、どういう経緯で今の形になったのか、なぜそのような見せ方やHTMLソースになっているのかなど、これまでの経験から予測できます。

機械的にホームページの診断を行うのではなく、今に至る経緯を踏まえて、ひとつひとつ丁寧に、先の改善方向まで見える形で診断します。

主な診断メニュー

ホームページ基礎診断

各ページのタイトルは正しく付けられているか。適切なマークアップがされているかなど、HTML文法の基礎的な診断を行います。OGPなどのメタタグも合わせて診断します。

アクセシビリティ診断

ボタンやリンクの大きさ、配色のコントラストなどユーザビリティへの配慮について診断します。
GoogleのUXの指標に追加されたコアウェブバイタルについて、LCP、FID、CLSの3指標も診断します。

クリエイティブ診断

ロゴの使い方や配色について診断します。各種ブラウザ表示、スマートフォン対応なども合わせて診断します。

お申し込みと診断の流れ

お申し込み

ページ下部のお申し込みフォームからご連絡ください。診断をするURLに加え、現在抱えていいる課題などもお知らせいただければと思います。

診断実施

ご連絡いただいたURLの診断をさせていただきます。診断結果レポート作成に2週間程お時間をいただきます。

診断結果のご報告

診断結果のご報告をさせていただきます。お伺いしてのご報告に加え、MeetやZoomなどオンラインでのご報告も可能です。

改善のご検討

診断結果を受けて改善の是非をご検討いただければと思います。ADMIでご協力できるところがあればご相談ください。

お申し込みフォーム

個人の方、および同業の方はお断りする場合がございます。